催淫染脳支配

【6】 狂気の洗脳実験

 莉乃によって潤の処女が奪われた光景を、ずっと観察している者がいた。カウンセラーの戸陰である。
 彼によって浦木家には数多くの監視カメラが設置され、それによって莉乃の行動は常に記録されていた。
 今は駐車場に停めた銀のアストンマーチンの中で、膝にのせたノートパソコンを見下ろしている。彼が見つめる画面では、黒光りするペニスバンドで潤を犯し続けている莉乃の姿があった。
 男性性器をリアルに造形したディルドーを、股間から生やした少女の姿は実に背徳的だった。自分を心配してくれていた親友を厳重に拘束して、苦痛に美貌を歪めるのも構わずに残忍な笑顔を浮かべている。
 特にお嬢様といった雰囲気で上品で大人しそうな莉乃だから余計にギャップも激しい。空手の使い手である勝ち気な潤を一方的に凌辱している光景を、より陰惨なものにしていた。

「ふむ、ほぼ予想通りに行動してくれましたか、やはり掘り起こした願望を心の逃げ道とするのは有効なようですね」

 画面に映る凌辱行為にも眉ひとつ動かさず、戸陰はボイスレコーダに淡々と私見を記録していく。その目は実験用のモルモットを見つめる科学者のものであり、感情表現が希薄な分、余計に不気味であった。
 だが、一見して無表情に見える彼であったが、これでも自らの研究結果に対して大いに満足しているのだった。

「まだ、感情が暴走ぎみの傾向がありますが、それはおいおい改善していきましょう」

 脳に関する研究を長年してきた戸陰は、昨年まで国のある研究機関に所属していた。
 そこでは人間の潜在能力についての研究がなされており、彼は脳へのアプローチにより潜在能力を引き出すことを目指していた。
 潤沢な開発資金を投入して、遂に脳のリミッターを解除する機器の開発に成功していた。彼は解放者の意味を込めて『リリーサー』と名付けたそれは、本来眠っている人間の潜在能力の解放という一応の成功を得ていた。
 だが、高すぎる能力には代償もあった。飛躍しすぎた能力に心身が耐えきれないのだ。
 超人のような運動性能に限界を超えた筋肉は裂け、骨も砕けてしまう。脳も増加する膨大な情報を処理できるものの被験者の精神の方が擦りきれてしまう。
 精神が不安定になった被験者は、感情の起伏が激しくなり、奇行に走り出す。そして、場合によっては廃人になりかねないのだった。
 その欠点によって何人もの被験者の心を壊した彼を、同僚の女研究員が執拗に糾弾してきた。その後に彼のプロジェクトは突然、凍結されることが決まった。
 もちろん戸陰はそれを不服として、改良を図るために密かに実験を続けた。被験者として糾弾してきた女研究員に協力してもらい、その過程で不安定になった被験者への洗脳が可能であることを発見したのだった。

(多くの可能性を秘めた研究を闇に葬るのは科学への冒涜ではないか。ならば、その有効性を私の手で実証してみせようじゃないか)

 戸陰は科学者としては有能な部類に入る人材ではあったが、倫理観が大きく欠落した人物だった。同僚の女性研究員も人体実験を繰り返した挙げ句、廃人に追い込んでいた。
 そのまま施設から自らの研究資料と機材を持ち出した彼は、姿を眩まして女学園のカウンセラーとして潜り込んだのだった。

(実験するに、女学園は実によい場所だ)

 女研究員の尊い犠牲のおかげで収集できた貴重なデータ。それを解析した結果、素材には感受性が豊かな十代の少女が最適だとわかった。
 トラウマを刺激して未熟な心を弱らせる事で脳への書き換えを容易にし、不安定になる精神を被験者の明るい未来への願望に結びつけることで崩壊を抑え込むことができるのだ。
 その為にカウンセラーという立場は実に便利だった。ひとり、ひとりの心の闇を掘り起こし、秘めた願いを探りだせる。すでに何人もの女生徒で実験を繰り返していた。
 すでに催眠暗示と機器による脳への書き込みを併用して、高すぎる肉体能力を抑制するとともに、分泌される脳内麻薬で精神への負担も軽減できていた。
 ただ、脳内物質とはいえ依存性が高いために、被験者は快楽に溺れる傾向があった。徐々にエスカレートする欲望にどう対応するかが今後の課題であった。

(ひとり、ふたりなら何とかなりますが……)

 ここにきてサンプル数を増やしたのが裏目にでていた。目の届かぬうちに、肉体的快楽を求めて暴走する者が出ていたのだ。
 このあたりで有名な女学園の制服姿で男を漁ってはホテルに連れ込むものだから、流石に噂になりはじめていた。
 歓楽街のラブホテル周辺で女学園の生徒らしき姿が見られるとの情報から、先日の職員会議にも議題にあがってしまっていた。
 そして、今夜、有志による見回りを実施することになっていたのだ。

(そろそろ抜根的な対策を考えねばなりませんね……さて、もう時間ですね)

 長年愛用しているドイツ製の銀の懐中時計で時刻を確認すると、名残惜しげにノートパソコンを閉じる。バックミラーで身なりを整えた戸陰は、ドアを開いて車から降りた。
 愛車を停めたパーキングエリアは繁華街のすぐ裏手にあった。待ち合わせ場所である喫茶店はすぐ近くで、歩いても三分とかからない。
 待ち合わせ時間のキッチリ一分前に店の扉を開けた戸陰は、目的の席が奥にあるのをすぐに理解した。店中の男性たちの視線が集まる先、そこには他の教員たちに混ざり紫鳳 真矢が座っていたからだった。

(やはり、この女は別格ですね)

 白のブラウスにネイビーのパンツスーツという服装で、スラリとした長い脚の彼女にはよく似合う。ジャケットで隠しきれない豊かな胸の膨らみに男たちの熱い視線が注がれていた。
 それでいて背中まである黒髪をアップにまとめ、キリリとした眼差しで同僚の教職と会話する姿は理知的で、有能な社長秘書と言われても納得しそうだ。
 普段は女性を実験材料か性欲を処理する道具としか思わない戸陰であったが、真矢に関しては別だった。

(自信に溢れるこの女を屈服させて、支配したらどんな愉悦に浸れるだろうか……)

 女生徒相手に実験を繰り返して、支配欲を肥大化させていた戸陰は、そんな屈折した想いに抱いていた。
 被験者である少女らの精神を支配するのにはじめたSM行為に最初は興奮したものの最近では刺激が薄れきていた。

(そろそろ被験者の対象を、大人にするのも良いかもしれませんね)

 目の前の美女を次のターゲットとして狙いを定めた戸陰は、嗜虐で昂る心の中で舌舐めずりをする。
 そんな彼もまた実験の影響を少なからず受けていた。徐々に秘めたる欲望をエスカレートさせているのだが、当人は気づいてはいなかった。



もし、読まれてお気に召しましたら
よかったら”拍手ボタン”を
押して下さいませ。


web拍手 by FC2