催淫染脳支配

【7】 消えぬ傷痕

「お待たせしました」

 待ち合わせ時間ちょうどに合流した戸陰は、会釈をすると隅の席へと腰をおろす。これで今日の見廻りに参加する全員が揃ったことになった。
 有志での参加であり、揃ったメンバーは六名と少ない。真矢と戸陰をのぞくと年齢が高めの女性ばかりだ。
 唯一、社会科の牛田(うしだ)という中年の男性教職も参加していたが、暇さえあれば真矢に話し掛けているものだから、その露骨な真矢狙いの態度に周囲から呆れられていた。
 見廻りの発案者である古典教師の遠崎(とおさき)も、流石に見兼ねたのか咳払いをして嗜める。

「牛田先生、そろそろ始めても良いですか? 皆さん、今日は参加していただき、ありがとうございます」

 遠崎は学年主任も兼ねる上品そうな物腰の初老の女性だ。
 やや自分の理想を押し付ける傾向があり、若い世代の教師とのズレが年々厳しくなっている人物だった。

「近頃、女学園の周囲では不審者が出没するという報告があり、さらに今度は深夜の繁華街で生徒の目撃情報がありました。私個人も女学園内での風紀の乱れを感じています。それを正し、生徒の規律を戻すためにも、今こそ生徒を導く立場である我々の行動が大事だと思います。そこで、その一環として皆さんに協力いただき、見廻りをすることで事実確認と事態の収拾をはかりたいと思っております。そもそも、当女学園が創立されたのは……」

 遠崎に辟易させられるのは、ダラダラと長い話だった。自分の考えを一方的に吐き出すまで終わらず、授業もそんなスタイルで進めるものだから、生徒たちの間では安眠製造機と揶揄されていた。
 長いわりに中身がない話を延々と聞かされるのは、日中の業務で疲労が溜まっている者にとっては苦行でしかない。
 参加者が少ないわけを理解した戸陰だが、彼自身は真矢を観察する目的で参加しているのだから関係なかった。
 真矢の方は他の教師たちがだらけてきている中で、姿勢を正して話を聞いていた。それは、傍聴者を得て上機嫌になった遠崎のスピーチを長引かせる結果になるのだが、彼女は黙々と先輩教師の話を聞いていた。

(ほぅ、意外ですね。生徒には親身に近づいて気遣う彼女が、ここでは周囲に合わせるでなく、自分を貫きますか……)

 学校でも観察を欠かさない戸陰だが、真矢の弱みらしいものを未だに発見できていなかった。
 最近になって、彼女が学生時代には空手少女として有名だったと知り、過去の記事なども調べはじめていた。
 今回もそういった情報収集の一環であり、つかず離れずの距離を維持して観察するつもりでいた。

(彼女なりの正しさを軸にしての行動でしょうが、やや頑な印象も受けますね。そうして自分に厳しくしなければならない何かがあるのか……ふふ、ますます次のサンプルとして興味が惹かれますね)

 そうして、長い話もようやく終えると、店を出て見廻りすることになった。
 今回は三人づつに別れての行動となり、戸陰は真矢と同じグループで繁華街の裏通りを中心に巡回することになった。賑やかなメインストリートとはうって変わって、小さなバーが点在するだけの静かなエリアだ。
 時折、店からもれるカラオケの音が聞こえるぐらいで何事もなく移動していく。そのせいか緊張が緩んだらしい牛田が真矢へのアプローチを再開していた。
 親が資産家らしく、リゾート地に別荘を買っただの、愛車のフェラーリの乗り心地が最高だとか自慢話ばかりしていた。

(やれやれ、他の先生方もこれが嫌であちらのグループにいったようですね)

 贅肉のついた腹を揺すりながら自慢話を繰り返す牛田には辟易させられる。
 それに加えて女性たちは、言い寄っている牛田に非があるのは理解していても、同姓がチヤホヤされるのが面白くないのだろう。
 理性と感情を切り分けられない、そんな部分は実験に使っている女生徒と変わらなかった。
 だが、同じ女でありながら、真矢が感情的になるところを見たことがない。今も真面目に牛田の相手をして、嫌な表情のひとつ浮かべていなかった。
 ずっとそうやって真矢のわずかな変化を見逃さぬようにしていた戸陰は、それ故にわずかに聴こえてきた少女の悲鳴に反応するのが遅れた。

「あッ、紫鳳先生ッ」

 次の瞬間には、真矢が駆け出していた。慌てる牛田を置き去りにして、どんどんと悲鳴のした方へと加速していく。
 それに遅れて戸陰も走り出すのだが、見失わないように付いていくのが精一杯だった。
 真矢の行く先には、木々に囲まれた大きな公園があった。入口から入ると噴水のある広場にでる。そこから四方へと石畳の道がのびていた。
 周囲に人影はなく、街灯の明かりを遮るように生い茂る木々で奥は暗くて見通しも悪い。

(どこにいるの……)

 すでに少女の悲鳴も聞こえなくなっていた。焦りの表情を浮かべた真矢は、懸命に視線を走らせる。
 そこに、ようやく戸陰が到着すると、わずかに息を乱しながらも真矢の様子から素早く状況を判断する。

「僕がこっちを調べましょう」
「わかりました。では、私はこちらに行きますッ」

 戸陰の提案で二手にわかれると、真矢は慎重に気配を探りながら公園の奥へと進んでいった。
 すると、わずかな物音を耳にする。慎重に藪の向こうを覗いた彼女は、男に羽交い締めされて引きずられていく少女を発見した。
 その奥には、公園に隣接した道路に停められた白いライトバンが見える。車内にはグッタリと横たわる、もうひとりの少女の姿も確認した。

――ドクンッ

 その光景に真矢の脳裏にフラッシュバックする記憶があった。
 かつて空手少女だった真矢に、つきまとっていた蛭田(ひるだ)という熱狂的なファンの男がいた。
 昼夜つけまわしてストーカー化すると精液の詰まった瓶を送りつけるなどの奇行を繰り返した。それによって警察からの忠告をうけると、今度は真矢を拉致しようという凶行にでたのだ。
 雨の降る夕方、部活から帰宅する真矢を待ち伏せしていた蛭田は、レインコートのフードを深々と被って近づくと、不意をついたスタンガンで麻痺させた。
 そのまま用意していたライトバンに真矢を押し込むと、素早く手足を縛り、ダクトテープで目と口を塞いで連れ去ってしまった。
 幸い通りかかった人が犯行を目撃していた。すぐさま通報を受けた警察は予想ルートに検問を張って逃亡を阻止してくれた。
 だが、逮捕の際にも蛭田は激しく抵抗した。ナイフを振りかざして何人もの怪我人をだすと、最後には真矢にまでナイフを突きつけて無理心中まではかろうとしたのだ。
 その状況に発砲もやむ無しと判断した警察によって肩を撃ち抜かれると、ナイフを取りこぼしたところを包囲していた警官たちが取り押さえた。
 それによって真矢は無傷で解放されたのだが、その事件は彼女の心に大きな傷の残すこととなった。そして、その後の引退を決意させる切っ掛けになったのだった。

――その時の記憶が恐怖とともに鮮明によみがえっていた。

 動悸が止まらず、吹き出した大量の汗が肌を滴り地面に落ちていく。
 ガクガクと震えだした膝が、今にも崩れ落ちそうだった。

(――ッ、落ち着いてッ、大丈夫、大丈夫よッ。もう、あの時の弱い私ではないわ)

 恐怖に押し潰されそうになる自分を必死に鼓舞して耐えてみせる。
 そして、瞼を閉じると大きく息を吐き出していく。息吹きと呼ばれる呼吸法で精神統一をはかっているのだ。
 すると、脳裏を埋め尽くしていた恐怖の光景が、ひとつ、またひとつと消えていく。そうして全てが消え去ると、乱れていた真矢の心は落ち着きを取り戻していった。
 再び、瞼を開いた時には身体の震えは止まり、その瞳には闘志が宿っていた。

(よし、いけるッ)

 恐怖を拭い去った彼女の行動は早かった。藪を飛び越えて一気に少女までの距離を駆け抜ける。
 突如現れ、疾風のように迫る真矢に男たちが気づいた時には、少女を羽交い締めしている男を間合いに入れていた。

「なんだ、テメェ、邪魔するのかよぉ」

 チノパン姿の男が鬼のような形相で恫喝すると、抱えていた少女を放り出して殴り掛かってきた。
 真矢はそのまま距離を詰めると、踏み出してきた相手の足の甲を踏み抜いた。骨が砕けるかという激しい痛みに男は顔を歪める。その顎を掌底で打ち上げて、鳩尾に肘打ちをめり込ませる。

「――がはッ」
「まずは、ひとりめッ」

 胃液とともに胃の中身を吐き出しながら男が崩れ落ちていく。それを横目に通りすぎると真矢は次の目標へと向かっていた。

「なんだぁ、女になんか負けてやがって……んん? よく見りゃ、すげぇ美味そうな女じゃんッ」
「へへッ、こりゃ、今夜は大漁だな。仲間集めて輪姦パーティーで盛り上がろうぜぇ」

 ライトバンから降りてきたのは二人の男。無精髭を生やしたサングラスの男と迷彩柄のズボンを履いた男だ。
 彼らは相手が女、それも息をのむような美女だとわかると厳つい顔を崩して舌舐めずりをする。
 下卑た笑いを浮かべた迷彩柄の方が、スタンガンを取り出して迫ってきた。バリバリと火花を散らす先端を突きだしては牽制してくる。

「オラオラッ、痺れちまうぞぉ、格闘技を少しはやるようだが、こいつで麻痺させてから犯してやるよぉ」

 あきらかに場馴れした様子で、スタンガンで恐怖を煽るのが上手かった。
 対する真矢は脱いだ上着を腕に巻き付けて距離をはかって対峙する。その視界の隅ではライトバンの男を捉えていて、チャンスを伺っていた。
 まだ男たちに余裕があるうちは良いが、時間が掛かれば少女たちを人質に取られる懸念があった。
 その対策を思案していた真矢は、車の背後から近づく人影に気がついた。

「おい、あんまり遊ぶなッ、とっとと終わらせろッ」
「チッ、わかってるって」

 どうやら車に残ったサングラスの男がリーダー格らしい。
 時間をかける迷彩柄の男に苛立った声をあげると、ズボンからバタフライナイフを取り出した。
 車内で横たわる少女の近くで、刃を取り出してはチャキチャキと金属音を立てる。それは真矢の注意をひくための行動だったのだが、迷彩柄の男は急かされたと焦ったようだ。動きが大振りで単調なものになっていた。
 それを防戦一方といった風に装いながら避け続けて、真矢は徐々にライトバンとの向きを調整していた。

「やったかッ!?」

 車の方からは、迷彩柄の男の肩越しに真矢が見えていた。突きだされたスタンガンを喰らって、彼女が前のめりに男へと寄りかかっていく。
 その光景に喝采をあげるサングラスの男だが、その不意をつくように車の陰から飛び出してきた者がいた。

――それは戸陰だった。

 その手にはズボンから抜き取ったベルトが握られていた。それを鞭のように唸らせると、見事にナイフを持つ男の手に直撃させたのだ。

「ぐあッ……こ、この野郎ッ」

 ナイフを落とした男が憤怒の形相で戸陰を睨み付ける。無事な手で掴みかかろうとするのだが、戸陰は冷笑を浮かべて立ったままだ。

「テメェ、なに笑ってやがるッ」

 それだけ注意を引ければ充分だと彼は判断していた。事実、次の瞬間には目の前の男は吹き飛んでいた。全力疾走からの真矢の飛び蹴りを喰らったのだ。
 彼女が先程までいた場所には、迷彩柄の男が倒れていた。カウンターの膝蹴りを腹部に受けて悶絶しているのを、逆に真矢がやられたと装って油断を誘ったのだ。
 戸陰の機転で見事に注意を逸らされた男は、真矢の飛び蹴りをまともに受けていた。そのままの勢いでライトバンに激しく叩きつけられるとズルズルと崩れ落ちていった。



もし、読まれてお気に召しましたら
よかったら”拍手ボタン”を
押して下さいませ。


web拍手 by FC2