催淫染脳支配

【8】 新たな実験計画

 いくつもの回転灯が周囲を赤く照らしていた。
 何台もの警察車両が集まった夜の公園では現場検証が行われており、テープが張られた周囲にはスマートフォンを手にした野次馬たちが群がっていた。
 その中に紛れる戸陰の姿があった。彼自身も研究施設から機材など持ち出しているため、目立つことは避けたかったのだ。その為に警察が到着する前に姿を隠したわけだが、結果として警察への対応を真矢ひとりに押し付けたかたちになっていた。

(明日にでも詫びておくか)

 それは不必要に真矢との関係を拗らせるべきではないという合理的な考えからであり、彼自身は少しも悪いなどは感じていなかった。
 あくまで彼の頭の中にあるのは研究に関することであり、それは今でも変わらない。だから今の彼の関心は、保護されたふたりの女生徒に向けられていた。

(はやり、あのふたりでしたか……)

 婦人警官に介抱してもらっているのは女学園の生徒であり、戸陰の実験サンプルになった少女らだった。
 莉乃のクラスメートで彼女を虐めていたグループの中核にいたのがこのふたりだった。
 大病院の経営者や大手商社の幹部を父親にもち、両親からかけられる高い期待に応えるよう優等生を演じていた。そのストレスをイジメという形で発散していたのだから、言うことを聞かせるのは簡単だった。
 イジメの様子を録画して、カウンセリングという名目で呼び出しては実験にかけた。そして、先にサドの気質を開花させた莉乃の餌食となってもらったのだ。
 莉乃は戸陰の想像を上まわる残忍さを発揮して、ふたりを完膚なきまで屈服させると従順な奴隷へと躾てしまった。
 今では莉乃の従順な駒となった少女らだったが、他のサンプルと同様に快楽に溺れやすいのは変わらず、目を離すとこうして肉悦を求めて男漁りをしている始末だった。

(どうやら相手はただのゴロツキのようですね。それに、今のところふたりも不審がられてはいないようだ)

 不測の事態に備えて事前に教えておいたアリバイを説明しているようだった。友達との勉強会から帰る途中だったと口裏を合わせるように他のサンプルにもメールを送信する。そこまでして、ようやく戸陰も気を抜くことができた。
 そのまま観察していると女生徒たちの側に真矢がやってきた。
 心配で様子を見にきたようで、ふたりが元気そうにしているのにホッとした表情を浮かべている。だが、まだ警察への協力が残っているのか、すぐに年配の警察官に連れられて奥のパトカーへと歩いていった。

(やはり歩くだけでも絵になる女だ……)

 颯爽と歩く真矢の姿に野次馬どもが色めきだっていた。スマートフォンで撮影しては警備にあたる警官に叱られている。
 もっと見ようと群がる野次馬たちに巻き込まれないよう、一歩離れて見ていた戸陰は、その中に食い入るように真矢を見つめる男がいるのに気がついた。
 周囲とは異なる憎愛混じる眼差しを向ける男の顔を、戸陰はどこかで見た気がするのだが、どうにも思い出せない。
 ボサボサ頭に髭面の熊みたいな大男という特徴的な人物だから、一度会ったら簡単には忘れないはずだ。

(ならば、会ったのではなく資料などでみたのか?)

 まずは、ここ数日の記憶を順々に遡っていく。するとすぐに該当する記憶にあたった。その時とは人相や雰囲気が大きく変わっていたが、各部の特徴は一致している。

(この男がそうなのか?)

 観察対象をその男に絞って見ていると、男はしばらくして人混みから離れていった。
 戸陰は迷うことなく後をつけていくと、男は大通りを避けて狭い道ばかりを選んで歩いているようだ。少しして途中のコンビニで大量の缶ビールと食料を買い込むと、その裏手にあるビルの隙間へと消えていった。
 そこには古びたアパートがあった。昭和の匂いが漂いそうなボロアパートで、周囲を高いビルに囲まれてそこだけタイムスリップしたかのようであった。
 男の姿がそのアパートの一階奥の部屋へと消えていくの見届けた戸陰は、表札に書かれた名から自分の推測が正しかったことを確認した。
 すぐにコンビニの場所まで戻ると、すぐ裏手には女学園の校舎が見えた。

「なるほど、なるほど……これは大変興味深い」

 目を細めた彼の脳裏では、新たに得た情報をもとにある計画が組み上がろうとしていた。



 翌朝、いつものように出勤した真矢だが眠たげな様子で、何度もあくびを噛み殺していた。昨夜は朝方近くまで警察の調書つくりに協力していたため、わずかな睡眠時間しかとれなかったのだ。
 すでに牛田から昨夜の騒動を聞かされた同僚たちが代わるがわる真矢の席にやってきては、彼女の勇気ある行動を称賛していった。
 それに笑顔で応えていた彼女の元に戸陰が現れると持っていたコーヒーカップを差し出した。
 周囲にいた同僚たちは、普段は進んで関わりを持とうとしない戸陰の行動を珍しがり、その先を興味深そうに見守っていた。

「昨夜は面倒を押しつけた形になり、すみませんでした」
「えぇ、まったくです」

 コーヒーカップを受け取った真矢は、少しムッとした表情を浮かべてみせるのであったが、湯気をたてるコーヒーに口をつけて、すぐに表情を緩めた。

「でも、戸陰さんの助けであの子たちも救えたし、この美味しいコーヒーで勘弁してあげますね」
「それはよかった。泣く泣く秘蔵の豆を差し出したかいがあった」

 真面目な顔でそう告げる戸陰に、真矢はおもわず吹き出して笑ってしまう。

「ホント、戸陰さんて読めない方ですね。昨夜のあの機敏な動きもビックリしましたけど、もしかして武道をやってらしたのですか?」
「いいえ、知り合いから護身術を少し教えてもらった程度ですよ」

 その知り合いというのは研究施設を警護していた兵士なのだが、そこまでは言う気は彼にはなかった。
 海外では、そうした護身術を教えるスクールも多いので、海外の国々をまわってきた真矢はそれで納得したようだった。
 しばらく、そうした護身術についての会話を交わしていたのだが、戸陰が思い出したように話題を切り替えた。

「そういえば紫鳳先生がいらっしゃる前に電話を受けたのですが、壬生屋さんがお休みなさるそうですよ。どうやら風邪をひかれたようでした」
「えぇ、本当ですか……昨日はあんなに元気そうだったのに」
「今日は病院に行って週末はゆっくり休むように言っておきました。大会ありますから拗らせてもいけませんしね。さて、ところで時間の方は大丈夫ですか?」

 周囲を見渡せば他の同僚たちは、すでに教室に向かっていた。

「あッ、いけないッ、つい話し込んでしまって……」
慌てて授業に必要なものを用意した真矢は、残っていたコーヒーを飲み干して微笑んだ。

「美味しいコーヒーをご馳走さまでした。戸陰さんが困ったときは言って下さいね。今度は私が協力しますからッ」

 真矢は会釈をして職員室をでると小走りで教室へと向かっていく。その後ろ姿を戸陰は目を細めて見送った。

「えぇ、すぐに貴女にも協力してもらいますよ」

 戸陰が告げた潤の連絡は実際には来てはいなかった。それどころか彼は夜を徹して莉乃に責め続けられているのをじかに確認してきたばかりだった。

(念願かなってはしゃいでいたのだろうが、あのままではすぐに壊されていたな)

 拘束された潤は何度も気絶するまで責められ続け、気を失うたびに身体にピアスをつけられていた。
 硬く尖る乳首などの敏感な部分に銀のリングピアスが貫通されて、激しい痛みで覚醒させられる。そのたびに莉乃は目の前に設置した鏡で潤にその無惨な姿を見せながら自分とお揃いだと喜んでみせた。
 狂気に染まる親友の笑顔に潤は恐怖させられ、完全に反抗の意思を挫かれていた。

――装置にかけるには良い状態だ

 そう判断した戸陰によって、今は次の段階である洗脳装置にかけられていた。
 極限状態に追い込まれて弱った心。そのひび割れた心の壁の隙間から、戸陰が開発した装置は触手のように入り込んで、心の奥底を書き換えていく。
 まずは48時間かけて脳内に最適な神経細胞ネットワークを形成すると圧縮された洗脳プログラムが書き込まれる。
急激な脳の組み替えは精神の混乱と被験者の拒絶を起こし、精神の崩壊すら招くおそれがあった。それを避ける為にプログラムの解凍は被験者が眠っている間に何回かに分けて慎重に実行されるのだった。  また、準備段階で海馬に蓄積されている短期記憶の抹消もおこなわれる。これは凌辱のショックによる精神障害を抑えるためでもあるが、すでに激しい恐怖と被虐の肉悦は隷属の種子として心の奥底に植えつけられていた。
 それはプログラムが解放されるたびに着実に育っていき、被験者が知らぬまにジワジワと心を侵食していく。
 そうしてプログラムによって新たに組み上がった人格が表層意識を上書きするとともに一斉に芽吹くのだった。
 そうしたプロセスこそが、戸陰がこの女学園で実験を繰り返して確立した研究の成果だった。

(プログラムが実行されれば、どんなに強靭な心の持ち主でも、徐々に内側から変質していく自分を止めることはできない。そうして、命令に絶対に逆らえない存在にされるわけですが、それの実証に貴女も協力していただきますよ、紫鳳 真矢先生)

 去っていく真矢を見送ると戸陰は振り向いて彼女とは逆の方向へと歩きだす。そのまま校舎から出て校門をくぐると、彼は次の手を打つためにある場所へと向かう。

「さて、新しい実験を開始するとしようか」

 そう告げた彼の足取りはいつもに比べて軽やかで、当人は自覚していないが口元に笑みすら浮かべているのだった。



もし、読まれてお気に召しましたら
よかったら”拍手ボタン”を
押して下さいませ。


web拍手 by FC2