強者の定義 狙われた教壇のヴィーナス

【9】 強要される屈辱の口腔奉仕

赤い革張りのリクライニングシートの上で、M字開脚にさせられた両膝が乳房の両側にくるまで小さくまとめられ拘束された瑠華は、強力な媚薬による狂おしいほどの疼きと、注入された浣腸液による激しい便意に襲われて、裸体を身悶えさせていた。

「はぅッ! こ、琴里ちゃん、やめてーッ、ひぐぅッ! そ、そんな風にされたら……ああぁぁぁ……」

 瑠華の悲痛な叫びも、アイマスクで視界を塞がれ耳栓によって聴覚も封じられた琴里には届かず、その舌先は一心不乱に女教師の秘部を責め立て続けた。

――ピチャ、ピチャ、ピチャ……

 プッリクと重たげに充血した秘肉はパックリと口を開け、中から淫液を次から次へと溢れ出させる。
 可愛らしい舌先が、その肉襞を掻き分け、秘肉の中を舐め上げると、淫らな水音が鳴り響く。

「――うんっぷッ!!」

 そんな琴里の後頭部を、常磐はますます力を込め、顔を埋めんばかりに秘部へ押し付けさせ、グリグリと動かす。
 すると、琴里の可愛らしい鼻先が、根元をシリコンリングで締め付けられ痛いほど勃起した瑠華のクリトリスにぶつかり刺激を与える。

「んッ、ひぃッ! だ、だめぇぇぇッ!!」

 そうして、口元を淫液でグッショリと濡らしながらも一心不乱に奉仕する琴里の舌先は、確実に瑠華を昇りつめさせようとしていた。

「うひひッ、すげぇ乱れようじゃんよ、瑠華」

 目の前の光景に将尊はゴクリと喉を鳴らすと、興奮で涎を垂らさんばかりに口元を緩め、芋虫の様な短く太い指を瑠華の腹部へと伸ばしおもむろに押した。

「うぐぇッ! がッ……や、やめ……お、押したら、漏れちゃうッ」
「別に漏らして構わないぜ、見ててやるから好きなだけ糞をひり出せよ」
「だ、だめーッ、こ、琴里ちゃんを退けてッ!!」

 目を見開き脂汗をタラタラと流しながら絶叫する瑠華の姿に、将尊は嗜虐の笑みを浮べると、更に腹部をグイグイと押し込む。

「お、お願いッ、お願いだから止めてッ!!」

 そうして執拗に責め立てると、瑠華は顔面を蒼白にし、ガクガクと拘束された身体を震わせながら、ついに涙を流しながら許しを請い始めた。
 そんな瑠華に対し将尊は、今度は拳を振り上げると、引き締まった彼女の腹部に振り下ろし始めた。

「ぐはッ! な、なんで……うぐッ!……や、やめて……ぐぅッ!!」

 必死に訴える言葉に、将尊の拳は止まるどころか、次々と拳が瑠華の腹部へと振り下ろされ続ける。
 歯を食いしばり必死に耐える瑠華であったが、琴里の後ろに立つ常盤がジッと冷たい目で見下ろしているのに気が付きハッとした。

「ま、まって! 待って下さい。お願い……しますから……もう、殴らないで……下さい」

 既に、迫り来る限界に恥も外聞も気にしている余裕も無くなっていた瑠華が、涙ながらに謙って訴えるとようやく将尊の拳が止んだ。

「も、もう……くぅ……げ、限界ですから……琴里ちゃんを……あぐぅ……退けて下さい……お、お願い……します」

 拘束された身体を揺すり男たちに懇願する瑠華。だが、彼らは口端を吊り上げ乾いた笑みを浮かべるだけで一向に動く気配は無かった。

「ぐふふッ、どうしたもんかなぁ、常磐」
「人に何かを頼むなら、それなりの誠意を示す必要があると思いますよ。例えば……」

 とぼけた口調で尋ねる将尊に、常磐は中指で黒縁眼鏡のブリッジをツイッと押し上げ応える。
 そして、戸惑う瑠華の耳元に口を近づけると、そっと囁いた。

「――なッ!? そ、そんな事……」
「別に無理強いするつもりはありませんよ、でも、そんな余裕が貴女にあるかは疑問ですけどね」
「ぐッ……」

 目尻に涙を浮かべ、キッと常磐を睨み付ける。だが、彼が言うように一刻の猶予も無いのは事実だった。
 だけど、要求された行為を行うのを、瑠華のプライドが許さなかった。
 そうして悩む間にも、便意の激しい波が打ち寄せ、琴里による舌奉仕が瑠華に痺れるような肉悦を与える。

「あぁンッ! んッツ……こ、琴里ちゃん……そこは、だめーッ……おッ! おぉぉぉッ!!」

 瑠華を追い立てるかのように、常磐の手で誘導された琴里の舌先がクリトリスを探り当て、執拗に舐めたてる。
 脳髄まで駆け抜ける激しい刺激に、瑠華の拘束された身体が激しく仰け反り、ビクビクと震えた。

「ほら、早くしないと時間切れになっちゃいますよ」
「あぐッ! ぐあぁぁ、あぁぁン……も、もう……わからないわ……あ、ああぁンッ、どうすればイイのぉッ」

 溢れ出す喘ぎ声を押し殺すことも出来ず、白い綺麗な歯を覗かせ、顎を反らしながら嘆く。その途方に暮れた弱々しい姿は、普段の彼女とはまるで別人のようであった。

「悩む必要なんてないですよ、紅樹さんの為じゃないですか」
「……こ、琴里ちゃんの……為……」
「えぇ、彼女を救う為なんですから、誰もが同じ選択をすると思いますよ。だから、ほら……」

 媚薬による狂おしいほどの疼き、琴里の舌先で与えられる同性による甘い刺激、腸内を震わす激しい便意――それらによって翻弄され錯乱する瑠華の耳元で、常磐はそっと甘く囁く。
 その言葉に誘われる様に、悶え苦しむ瑠華の美唇がゆっくりと開かれた。

「あ、あぁぁ……お、お願いします……瑠華のお口で……くぅ……ご奉仕しますから……ぐあぁぁ……琴里ちゃんを……助けてあげて……下さい」

 目尻から涙をハラハラと零しながら、常磐によって囁かれた言葉を弱々しく紡ぎ出す。
 そんな彼女の言葉を聴いたとたん将尊は破顔した。

「うほッ、あの瑠華の口から、そんな言葉が出てくるなんてッ! 瑠華を女神のように崇めている学園の連中にも聴かせてやりたいぜッ、ウヒヒヒッ」

 興奮してはやし立てる将尊の言葉を、瑠華は下唇をグッと噛み恥辱に耐えながら無視する。
 だが、彼がガチャガチャとベルトを緩め、目の前でズボンを下げ始めるのを見ると、流石に狼狽しだした。

「おいおい、今のは嘘でした……なんて言うのは勘弁しろよな。言った言葉には責任を取ってくれないと、あっちの女に代わりをしてもらちゃうぞ」
「あぁ……わ、わかって……ます……」

 既に引き返せない状況である事を悟ると、瑠華の眉がキュッと眉が折り曲げられ、勝気な顔立ちに悲壮感が漂う。
 その様子にゾクゾクと暗い喜びを感じながら、将尊はパンツも脱ぎ捨て下半身を裸にすると痛いほどいきり立つ怒張が曝け出された。

「――ひッ!? な、なに、それ……」

 瑠華は、目の前でそそり立つ人並み外れた特大の肉柱に思わず息を飲んだ。それは、淫焼けして全体にヌメヌメと不気味に黒光りし、亀頭は異様に張り出しており、とての10代の少年の代物とは思えず瑠華は震え上がった。

「ヒヒヒッ、彼氏と比べてどうよ? 大概の牝は、一度咥え込まされるとヒィヒィよがり狂って他のじゃ満足できなくなるんだぜ」

 自慢げに語る将尊の言葉を聴きながら、瑠華は目の前で異彩を放つ肉柱に顔を引き攣らせた。

(あ、あんなモノで、私はこれから……)

 正直に言うと、瑠華の男性経験は今の婚約者一人しか知らなかった。
 天涯孤独の身で、それどころでは無かったというのもあったが、セックスは愛する人と愛を育み、子を授かるモノという固定概念が彼女の中ではあった。
 だからと言って、セックスそのものを否定する気はサラサラなく、気持ち良いモノでもあるのも理解していた。
 だけど、目の前の男たちの様に、ただ性的快楽を得る為だけに、女性をモノの様に扱う事に対しては心が強く反発する。
 そして、そんな彼らを喜ばせまいと、密かに心に誓っていた瑠華であったが、目の前で禍々しく存在感を放つ彼女の常識外の物体に、身体が恐怖で震えるのを抑えることが出来ずにいた。

「おやぁ、もしかしてビビってる?」
「そ、そんな……訳……あぁぁぁ……」

 数々の女を犯してきた将尊には、瑠華のその僅かな変化も嗅ぎ取れるのだろう。ニタリと口元を緩めながら、リクライニングシートの背もたれを倒し瑠華の上半身を後ろに倒すと、肉棒の切先を彼女の美唇へと近づける。

「ウヒヒヒッ、さぁ、宣言通り、口で奉仕してもらおうか。一本抜くまで、瑠華のオネダリを聞かないからな」
「あぁぁ、そんな……うッ……」

 先ぽからトロトロと溢れ出すカウパー氏線液を美唇に塗りつけられる感触に柳眉を歪める。だが、腹部を激しく震わす便意はいつ限界を迎えてもおかしくなかった。

(た、耐えなきゃ……これも、琴里ちゃんの為よ……)

 決意を新たにし、肌が粟立つほどの嫌悪感を必死に堪える。
 だが、鼻につきむせ返りそうになるほどの強烈な性臭と、大きく開いた傘部分が放つ不気味なてかり具合に、どうしても咥える前から嘔吐感が込み上げてくる。

―― 愛する男性のモノではなく、嫌悪すらしている少年のイチモツを自ら口で奉仕する ――
 
 その恥辱に目尻に浮いた涙がホロリと零れ落ちる。
 だが、端整な顔立ちに悲壮感をにじませながらも、瑠華はグッと食いしばり前を向くと、顎を大きく開いてそれを受け入れていった。

「んぐぅ……」

 だが、その巨大さに予想以上の苦しさに襲われ、凛々しい眉がキュッと翳り動きが止まってしまう。

「おら、甘ったれるな。まだまだ先っぽを咥えただけじゃねぇか!!」
「んッ……んぐぅ……うぐぇ……」

 激しいえずきに襲われ、顔を放そうとする瑠華であったが、将尊が頭をガッシリ掴んでそれを許さなかった。

「うぐぅぅッ……んぐぇぇ……」

 グイグイと肉棒を押し込まれ、瑠華の目尻から早くも涙が滴った。

「合気道の達人の割になさけねぇなぁ。おらッ、もっと喉を開いて飲み込みやがれッ」
「んぐぅ……」

 ディープスロートを強要され、口を性具のように扱われる無念さに、瑠華は汗と涙で顔をグシャグシャに歪ませ呻いた。
 横向きにした顔面を激しく前後に揺すられヌチャヌチャと派手な音を響かせて、瑠華の美唇の合間から、ヌラヌラと黒光りする肉柱が出し入れされる。
 将尊は、そんな夢にまで見た光景に、興奮を抑えられず、更にグイグイと怒張を喉奥へと突き立てた。

「んえッ、んぐえぇッ」
「おらおら、どうした、これぐらい我慢しろよッ! そんなんじゃ、俺はいつまでたったもイカねぇぞッ!!」

 長大な肉棒で喉の奥を抉り続けられる。その一方で、琴里の舌先が媚薬で狂わされた媚肉を責め立て続けていた。
 瑠華は逆流してきた胃液を口端からツーっと溢れ出させ、半ば白目を剥いた状態で何度もえずく。
 そうして、苦痛と快楽の狭間で、もう何も考えられない状態にまで追い詰められていった。



 いつしか、涙と鼻水を垂れ流しつつも、次第に彼女自身でも信じられないぐらいの淫泣きが溢れ出してきた。

「うひひひッ、腰が淫らにうねり出してるぜ、瑠華」
「あぁぁぁッ……うッふぅぅン……」
「おらッ、もっと頬を窄めて、舌腹を擦りつけろッ!!」

 興奮で次々と溢れ出す涎をジュルジュルとすすりながら、将尊は瑠華の頭を急ピッチで動かし勃起全体をシゴかせ続ける。
 そうして、彼自身もどんどんと息を荒らげ、次第に昇り詰めていった。

「くッ……おら、イクぞッ! こぼさずに、しっかり全部飲み干せッ!!」

 真っ赤になった瑠華の顔面をひときわ大きく揺さぶると、一気に喉奥まで突き入れ、一番深い部分で射精の勢いを受け止めさせる。

「んぐぅ!? んぐぐンッ……んうぐンンッ……」

 強烈な苦味と臭みを放つ白き濁液が、瑠華の喉奥へと次々と注がれ、苦しさに目を見開いて激しく呻く瑠華。
 そんな彼女の弱点であるクリトリスを、琴里の舌先が重点的に激しく責め立てた。

「うぐぅッ! うっぐぅぅぅッ!!」

 瑠華は、肉棒を咥えた状態でくごもった悲鳴を上げながら、腰をガクガクと前後に激しく揺すると、突然、拘束された豊満な裸体を仰け反らせビクンッビクンッと激しく痙攣させる。
 そうして絶頂を迎えた彼女の硬直が緩むと、アナルストッパーを押し込まれた彼女のアナルは、遂に決壊を迎えるのだった。





もし、読まれてお気に召しましたら
よかったら”拍手ボタン”を
押して下さいませ。


web拍手 by FC2